失効再交付手続き

HOME >> 失効再交付手続き

■失効再交付について

免許の有効期限が切れた場合、そのボート免許(小型船舶免許)では、船長として乗船することができません。
有効期限が切れた免許は、「失効講習」を受講することによって、再度有効にすることができます。

※級別になっていないボート免許(小型船舶免許)は資格が無効になっています。

  • 有効期限が切れていても失効講習を受けると、5年有効の免許が発行できます。
  • 古い免許を紛失していても失効講習を受けると、5年有効の免許が発行できます。

■ボート免許(小型船舶免許)の有効期限の見方

ボート免許(小型船舶免許)の有効期限の見方(イメージ)

■失効講習の流れ

お持ちのボート免許(小型船舶免許)の有効期限を確認してください。

ボート免許(小型船舶免許)の記載事項の変更の有無を確認してください。
ボート免許の記載事項と現在の住民票を照らし合わせて、(※)記載事項に変更がある場合や紛失している場合は講習と同時に行います。

(※)「住所・本籍地・氏名」など

失効講習日程と会場を選び、講習をお申込みください。
※講習日程はど全国どこの地区でも受講ができます。
※失効講習受講の場合、講習種別の「失効」または「更新と失効」から講習日をお選びください。

当サイトより必要事項を記入の上、お申込みください。

お申し込みが完了後に、当センターから
自動返信にて、ご登録いただいたメールアドレスに
「必要書類」に関する、重要なメールを送信します。
必ずご確認下さい。

メールが届かない場合は、お電話にて対応させて頂きます。

※携帯電話のアドレスの場合はメールが届かないことがあります。

お申込みメール確認後、必要書類一式を講習日の10日前まで、または指定した日までに当センターに到着するように発送してください。
※らく・早受講では、当日持参も可能です。
《書類送付先》
ボート免許更新センター
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-14-7-301
TEL :03-3523-5217
FAX :03-3523-5218
※追跡調査のできる方法にてご送付ください。

必要書類が到着後しましたらメールにてお知らせし、当センターより
「講習案内と会場までの地図」を発送いたします。

失効講習受講
※受講当日に普段メガネや補聴器など使用している場合は会場にご持参ください。
※新しい免許の交付申請は清水海事代理士が、関東運輸局にて代理で行います。

講習終了後、5日〜10日で新しい免許を送付します。
※お受け取りの際に、配達員に講習料金をお支払いください。
※新しい免許到着後「お名前・ご住所・本籍地」の記載内容をご確認ください。

ボート免許更新お役立ちページ

必要書類・費用のご案内

申請内容・講習によって異なる費用や必要な書類はこちらからご確認ください。

よくあるご質問

ご質問の多い内容をご紹介しています。お問い合わせの前にご一読ください。

必要書類ダウンロード

委任状・顛末書など、申請に必要な書類は、こちらからダウンロードしてください。

新しい免許の発行業務について

ボート免許更新センターでは、受講生の利便性を考え、黒い字の講習は(財)日本海洋レジャー安全振興協会、青い太字の講習は関東小型船舶免許更新センターで実施し、免許の交付申請は清水暁海事代理士が行っています。

電話でのお問い合わせ 対応時間 9:00〜18:00 [休日]土・日・祝日 03-3523-5217

書類送付先 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-14-7-301

事情により講習が受講できない場合は、必ず当センターにご連絡ください。新しい講習日程への変更、またはキャンセルができます。

※講習内容によっては、1週間以上日程を空けていただくことがあります。